バンダナをつけた猫

【おしゃれすぎる!】猫のつめとぎの作り方

猫のつめとぎの材料は?

  • なんと段ボールのみ!(方段ボール/巻き段ボール)

一度は作ってみたいおしゃれな猫つめとぎ

とてもおしゃれな手作り猫の爪研ぎ
猫のつめとぎはトイレに次いで必需品かも!
娘キコジョ
つめとぎの商品見てるうちに『つまり段ボールでできてるなら…』と、自分で作ってみようと思い立った人絶対いると思う(笑)
ねこたち
それで作ってみたら、おしゃれでびっくり!

見よう見まねで猫のつめとぎを工作してみたところ、意外と簡単で、しかも思った以上におしゃれに出来上がりました。

 

安上がりが目的でもいいし、工作好きにはたまらない作業。
ただね、すごいのは…めちゃくちゃおしゃれに出来上がること!

シンプルなのにやさしいソフトな感じが好きなら、この猫のつめとぎを作っちゃうことをおすすめします!

 

おしゃれな猫のつめとぎの作り方

大きな紙を広げてひたすら切っていく!

猫のつめとぎの材料と道具

 
・片ダンボール(別名:巻ダンボール/カラーダンボール):およそ90センチ幅2メートル
・ハサミ
・テープ

  1. 片ダンボールを広げる
  2. 巻く向きを確認したら、自分の作りたい爪研ぎの高さの幅(5センチや7センチ)の帯にハサミで切っていく
  3. テープで止めながら強めにしっかり巻いていく
インスタ写真にたびたび出てくる手作り猫の爪研ぎ。うちの猫も大好きみたい。www.pinterest.jp/thelifeis_kikojo

簡単に作る大事なポイント

だいたいで言うとね、爪研ぎをひとつ作るのに90センチ幅だと2メートルぐらい使う。
娘キコジョ
例えば、下の商品写真のような“カラーダンボール90センチ幅3m“で、何色か買って作るとデザインが楽しくなります。
ねこたち
爪研ぎは消耗品だし、いくつ作っても使うから問題なし!

 

 

それで、↑↑↑このカラーダンボールの詳細を見ると、次のように書いてあります。

カラーダンボール3m巻 裏白

サイズ:幅900mm×長さ3m(7cm幅に15山)

 

簡単に作るポイントなのですが、7センチ幅に15山とあるように、実はカラーダンボールを広げると、とてもうっすらとですが、7センチ幅の線があるのが見えます。

つまり、このすでにカラーダンボールにある5センチ幅や7センチ幅の薄い線に沿って切れば、定規で計らなくても、帯を一定の幅で簡単に切れるわけです。

 

もちろん、片ダンボールの帯をひたすら切る作業は少し忍耐が入りますが、単純作業なので難しいことはないですし、切り口が少々下手でもすぐ猫の爪でこなれていって、味が出るぐらい。

ひとつ作るのに、1時間もあれば十分かな。とにかく、巻いていくときはワクワクします。

 

もちろん作るのが面倒であれば買うのもいい

カラーダンボールを1000円ちょっとで買って作れば、たぶん売っているものより安くて強いものができると思う。
娘キコジョ
でも買うからといって、売っている爪とぎの値段がすごく高いわけでもないんだよね。安くて素敵なものも結構あるから、もちろん買うのもよし。
ねこたち
作っても買っても、爪研ぎがお家にあればいいから。

 

作るのが好きな人にはぜひオリジナルな爪研ぎを作ってほしいな!

ねこたち
爪を研がないときでも、上に座ったり、抱きついたり、寝っ転がったり、ネコライフに欠かせないいいものなんだ!
これが本当に好きらしく、他で研がなくなって助かってる。

 

ピンタレストからhttps://pin.it/6xp1g9l
インスタグラムからhttps://www.instagram.com/lukeandleia_adventurecats/
https://www.instagram.com/lukeandleia_adventurecats/

まとめ:【猫の爪とぎの作り方】方段ボールを切って巻くだけ!

とてもおしゃれな手作り猫の爪研ぎ

切って巻くだけなのに、あら不思議、ほんと、おしゃれな出来上がりになりますよ。

とっても簡単なので、手作りが好きな人や、自分の好みで猫グッズを揃えたい人には、心からおすすめします。

 

でも、安く売ってるものもありますし… 買うのも楽しいかも。ちょっとした猫好きの道楽ですね。

でも、愛猫ちゃんきっと喜ぶと思います。買おうか、作ろうか、悩んでみてください。いや、ぜひぜひ作ってみてくださいね。

-バンダナをつけた猫