オリジナル子育て

安全のために迷子紐ハーネスを使おう!だっこ癖も解決!(経験談)

  1. キコジョ >
  2. オリジナル子育て >

安全のために迷子紐ハーネスを使おう!だっこ癖も解決!(経験談)

今さら使うべきか悩まない

  • 外出にハーネスはあたりまえ
  • 迷子紐のおすすめはどれ?

ハーネス使用をおすすめ

迷子紐ハーネスを使おうwalking-harness-reins
誰が何を言おうと、わが子の安全を守れるのは自分たち
わたし

ハーネスを使う理由は、

こどもの安全のため

この記事では、どんな後悔もしないために、強くハーネス (迷子紐)の使用をおすすめしています。

ハーネス:わが子の経験談

20年近く前、ヨーロッパの田舎町で子育てしましたが、誰もがハーネスを使ってましたね。迷子も事故も、誘拐もあるからです。
わたし
オットさん
実際、小さな町でも胸が張り裂けるような事件がありました。

✔ハーネスで子どもを危険から守る!

そして、ハーネスを使用することで、他の人が子どもを巻き込んでしまうような事故が起こらないようにもする。

✔ハーネスで他の人への配慮も!

駐車場での事故など、小さい子どもは車から見えにくいもの。道路にだって、いつ飛び出すかわかりません。

親はハーネスをつけて子どもを危険から守り、また、他の運転手に事故が及ばないよう配慮しなければいけないと思うのです。

おすすめのハーネス

おすすめは、デザインもシンプルなもの。

シンプルなものだと、胸まわりのハーネスをつけたまま、車も乗り降り、スーパーのカートに座る時も、カフェでベビーチェアに座る時も、ベビーカーに乗る時も歩く時も、普通の行動ができます。リードの部分だけをつけ外しすればいいからです。

わたし
玄関にはハーネス、靴を履いたらハーネスをつける、そういう習慣でした。

こういうシンプルなものが主流でした

娘キコジョ
もちろん好みでOKです。ぬいぐるみのものやリュック式のものもあるので、用途に合わせたりファッションで選ぶのもいいかもしれません。

まとめ:安全のために迷子紐ハーネスを使おう!だっこ癖も解決!

迷子紐ハーネスを使おうwalking-harness-reins

『靴を履く時には、ハーネスをつける』最初から習慣にすれば、子どもはそういうものだと思うので嫌がりません。

『車から降ろすときも、ハーネスをつけてから降ろす』これも親の責任で家族ルールにできます。

もちろん子供には道路や駐車場が危ないことを徹底的に教えますが、完ぺきな理解などありえないでしょう。

目を離せば簡単に迷子になりますし、ましてや手を繋ぎ続けるなんて不可能です。つい、抱っこすることにもなりますしね。

でも、安全の中で歩く自由を知れば、子どもも抱っこも言わなくなります。

誰が何を言おうと、子どもの安全のために必要だと思えば使えばいいと思います。

dummy-invisalignおしゃぶりで歯並び悪くなる
【おしゃぶりで歯並び悪くなる?】やめさせる時代は終了。選べばいい!
最難関大学の東大PEAK入試の情報と体験談
【海外から英語で東大受験!】東京大学PEAK入試と体験談

-オリジナル子育て
-, ,

© 2020 キコジョ✖️キコニャ Powered by AFFINGER5