【スワドルの使い方知ってる?】ママのお腹の中みたいに包むおくるみ

スワドルの包み方や使い方

  • 英王室も使用するスワドル
  • エイデンアンドアネイ

ママのお腹の中のような安心感がいいスワドル(おくるみ)

Cat Mom
ママのお腹の中みたいにすれば安心するんだよね。

この記事では、英王室のジョージ王子もくるまれたと話題のスワドルを紹介しつつ、スワドルの効果や使い方、素晴らしさもお伝えしたいと思います。

夜泣き/大泣き対策にもスワドルが役に立ったと思うよ!

おすすめのスワドル(おくるみ)

イギリスのジョージ王子もくるまれていた 『エイデンアンドアネイ』というブランドのスワドル。

ニューヨーク発のブランドですが、世界中に認められていて人気があります。良質な素材に縫製、愛される絵柄、長く使えるので、実はコスパも最高です。

モスリンコットンの4枚セット

キコジョ
ジョージ王子は、この小鳥の絵にくるまれていたね!

モスリンコットンの2枚セット

Cat Mom
毎日使うので2枚あるとかなり便利です。

オーガニックコットン

キコジョ
環境に優しいオーガニックコットン。気持ちよさそう!

スワドル(おくるみ)の使い方

キコジョ
包み方もいろいろだけど、すぐ覚えれそうね。

英語ではスワドルでくるむことを『swaddling』スワドリングといいます。

使いかたを見てみましょう。ますます、かわいい赤ちゃんへの気持ちがあふれてきます。

赤ちゃんの包み方:スワドリング

私はヨーロッパで出産しましたが、助産婦さんにスワドリングも教わりました。もしよければ動画をご覧ください。

日本語字幕のものがありました

くるみ方がよくわかる動画です(英語)

スワドリングのメリット

赤ちゃんが安心して眠れる
お母さんのお腹の中の安心感があります

窒息から守れる
しっかり固定しているので、間違って口を覆うような心配がありません

おくるみは、生まれたばかりの赤ちゃんから2‐3か月ぐらいの赤ちゃんに、安心して眠る効果を発揮してくれます。

スワドリングのリスク

寝返りを始めるころには、スワドリングはやめましょう。

くるまったまま寝がえりをし、うつ伏せになってしまったとき、身動きが取れなくなってしまう危険性があるからです。

スワドル(おくるみ)の他の使い方

くるむ以外の使い方

✔沐浴のタオル
✔肌寒いときのブランケット
✔オムツ替えのときのシート
✔服なども包む風呂敷
✔授乳のケープ etc.

スワドルとして使用するのは、新生児のころから寝返りがはじまるまで。

その後は、ベビーカーやお昼寝のブランケットとしても使用できますし、沐浴後の体を拭くタオルとしても最適、広げて敷いてお着換えやオムツがえもできます。

新生児で使い始めたスワドルも、洗うほどに柔らかくなって使い心地が増し、子どもにとって愛着もわきます。

つまり、ずっと使えるんです。コストパフォーマンスが高いですね。

まとめ:ママのお腹のなかみたいに包むスワドルの使い方

スワドルは、おくるみとして使うのはもちろん、いろんな場面で役立つオールマイティなグッズ。コスパ抜群にいいと思います。なんといっても、布の柔らかさや肌への感触が実に素晴らしい。

高品質なモスリンコットンのおくるみは、子供の成長とともに、愛され続けると思います。

〈エイデンアンドアネイのおまけ編〉

キコジョ
ビブとかもあるよ!いろいろ見てみるのも楽しいかもしれません。

バンダナビブセット

そんな赤ちゃんも今は大学生!

海外から英語で東大受験!】東京大学PEAK入試と体験談
【海外育ちでも英語で東大受験!】東京大学PEAK入試と体験談

-帰国子女の大学受験