ユニーク教育

バイリンガル子育てに失敗しそうになった話

  1. キコジョ >
  2. ユニーク教育 >

バイリンガル子育てに失敗しそうになった話

幼児の英語教育は

  • 意味ある?
  • 失敗した?
  • 大切なことを教えて!

幼児の英語教育は効果もあれば失敗もある真実

英語教育や英会話に効果や失敗ってある?
完ぺきなバイリンガル、マルチリンガルになった子どもたち。
わたし
オットさん
同じような環境で育ったはずなのに、ダブルリミティッドになってしまった子どもたち。

この記事では、わが家の失敗しかけた体験談をもとに、英語教育を成功させるために大切なことを考えてみたいと思います。

乳幼児からのバイリンガル育児

英語がわかる子どもになってほしいと思ってつい…
わたし
おともだち
最近は、英語で胎教するのも流行ってるのよ。

英語などは、早ければ早いほど効果があると思っているふしがあります。

しないよりしたほうがいいと、つい、あれこれしてしまいます。

まず直面する悩み:赤ちゃんの言葉の遅れ

そんな赤ちゃんから1歳、2歳と成長していきます。その過程で、まず直面する悩み。

どうも言葉が遅い…

あまり上手に話さない…

別にバイリンガル育児でなくても、子どもの言葉の遅れなどに、普通に悩む時期です。

でも心配な気持ちは消えません。

おともだち
もしかして日本語と英語がまざって混乱しちゃった?

多言語環境下の乳幼児によくあることですが

母語の形成が遅れます

良いか悪いかの話ではなく、事実、言葉が遅れるケースが多いということです。

海外子育ての悩み『言葉の遅れ』:わが子の乳幼児期を例に

0歳から2歳までの2年間


生活が英語<家では日本語

心配したこと

・周りの人は英語
・親は日本語
話しかけには一語のみで返事
ほぼ二語文なし

言葉の遅れを指摘される

2歳から5歳まで3年間


生活が韓国語<家では日本語

心配したこと

韓国語の幼稚園で過ごす生活
・英語を話す先生とは英語
・韓国語を話す先生とは韓国語
・親は日本語
返事や会話がほぼ韓国語になる

韓国語が流暢になり、英語と日本語が激減
韓国語≪英語<日本語

5歳から5歳半までの半年間


生活が日本語<家でも日本語

心配したこと

日本語の幼稚園で過ごす生活
・日本語を話す先生と日本語
・親も日本語
返事や会話が片言の日本語になる
流暢に話す言語がなくなる
韓国語と英語が消えた
母語が未完と指摘される

5歳で母語を未完成にしてしまった失敗

英語教育や英会話に効果や失敗ってある?

生まれてから4-5歳までの間に母語ベースが完成すると言われています。

わが子は3か国語すべてが中途半端なまま、母語の日本語も未完成で5歳半を迎えました。

✔1歳前には歩き走り回る運動活発な幼児でしたが、言葉がとても遅く、悩みつつもシャイな性格なのかと考えたりしました。

✔幼稚園では韓国語を流暢に話すようになり、明るくおしゃべりな子どもだとわかりました。

✔しかし日本に一時帰国した際には、英語も韓国語も日本語も話さず、話すことをボイコットしたような感じになってしまいました。

親の仕事とは言え、何か国も連れまわして申し訳なくなりました。
わたし

このようなことは、多言語環境下にある子どもや、早期英語教育をしている子どもの大半で、遠からず似たような経験をすると聞いています。実に大変です。

バイリンガル/マルチリンガル乳幼児の言葉の問題

バイリンガル/マルチリンガル子育て

デメリット:母語の完成が遅れる

メリット:言語にたいする柔軟性

たいていの子どもが

母語の完成が遅いと言われるでしょう。

これは焦ります。本当に悩みます。

しかし、大事なポイントはここです。

まわりを見渡しても、多言語環境の子育てが上手くできている人はいませんでした。

多言語環境下で育っている幼児もみてきましたが、流暢に多言語を使い分ける子どものほうが少なかったです。

だから、わが子の場合も、失敗したかのように見えましたが、普通だとも思えました。

言葉への柔軟性に関しては、評価できると思ったぐらいです。

ただ、このままでは、バイリンガルどころかダブルリミティッドになる、本当の失敗が目前であることは一目瞭然のことでした。

幼児の英語教育で大事なことは

ろう児と一緒に授業を受ける小学校

英語や日本語、多言語環境下で子どもを育てると、どの言語も未完成のまま、母語すら完成しない状況になるかもしれません。

はっきり言えば、幼児期の段階で完ぺきなバイリンガルは稀です。

どちらかというと母語が完成する4歳から5歳の大切な時期を多言語で混乱させてしまう。

でも、本当の言語教育はここからです。

まだ大丈夫。6歳を迎える頃には、小学校やインターに通い始めます。

その時から、とくに学校教育だけは、言語の軸を一貫しましょう。

英語圏に戻ったわが家は、教育はすべて英語で、その後どの国に赴こうと言語の軸は英語と決めました。

もし、日本で日本の小学校に行くならば、日本語でしっかり教育を受けさせるということです。

言語の軸をひとつしっかり作ってあげること。これが、後に完ぺきなバイリンガルやマルチリンガルに繋がるからです。

ダブルリミティッドにならないために

日本で日本の学校に通っている場合は心配はありませんが、海外で多言語環境下で教育を受ける時の弊害として、ダブルリミティッドの子どもたちを見かけます。

ダブルリミティッドやセミリンガルと言われてて、2か国語以上話せたり使える言語があるけど、どれも中途半端なケース。

作文やエッセイが文章が書けなかったり、敬語など言葉の使い分けもできなかったりと、仕事をするような年齢になった時に非常に苦労することになってしまいます。

一言語をある程度完ぺきに理解できてこそ、2言語目、3言語目と増やすことが可能です。

そういう意味もあり、できれば教育は一言語で一貫する、わが家はそう考えました。

まとめ:バイリンガル子育てに失敗しそうになった本当の話

私たち夫婦は、国々をまたいで数か国語で生きる人生を選択した家族。モノリンガル生活(1言語)は不可能と知ったうえで、子育てをしてきました。

だから、いつか立ちはだかるであろう壁を知らなかったわけではありません。

案の定、わが子は幼児期に数か国語にふれすぎたせいで母語の完成が遅れ、バイリンガル子育てに失敗していると指摘を受けました。

受け止めるしかありませんでした。でも同時に、子どもが吸収した言語の柔軟性も評価しました。

ただ、ここで親子ともに腹が決まったわけです。その後いくつの国をまたぐかは未知だけど、教育だけは英語で通そうと。

まずは一言語を貫こうと決めたわけです。

日本にいるなら、日本語を大事にしつつ、英語教育の効果は長い目でみましょう。

海外でもマルチリンガル子育て焦らずに。

使わずに忘れてしまう言語があっても普通。気にしないでおきましょう。

芯となる言語の軸を築きつつ

第二言語は自然に継続です

自然であることが大事です。そうすれば、おのずと二つ目、三つ目の言語も身に付き、ユニークさとして育っていくでしょう。

一回手放すような感じになり、不安になります。ですが、ここからバイリンガルやマルチリンガルの将来があるので大丈夫です。

帰国子女とは誰のことどんな人

※わが子は英語を母語に第2言語に日本語やドイツ語、そのほかの言語にも明るいマルチリンガルに育ちました。

この話の続きはこちらから

そんな子どもも今は大学生

Copyright© キコジョ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.