ユニーク教育

ドイツに留学するためのドイツ語の資格DSDとゲーテ(経験談)

  1. キコジョ >
  2. ユニーク教育 >

ドイツに留学するためのドイツ語の資格DSDとゲーテ(経験談)

ドイツ語でドイツ留学する資格

  • ドイツ語の資格
  • ドイツの大学の探し方

DSDやゲーテのドイツ語資格でドイツ留学を考える

ドイツ語の検定試験
ドイツ語の能力をはかる試験には何がある?
わたし

・DSH(Deutsche Sprachpruefung für den Hochschulzugang)
・TEST DaF(Test Deutsch als Fremdsprache)
・DSD(Deutsches Sprachdiplom Stufe I and II)
・Goethe-Institut

この記事では、上記のドイツ語能力検定の中でも、黄色い下線をひいたGoethe-InstitutとDSD(Deutsches Sprachdiplom Stufe I and II)について述べます。

なぜなら、DSHとTEST DaFについてはすでにたくさんの情報があるからです。

簡単に述べますと、DSHは、ドイツの大学で行われるドイツの大学に入るための試験で、ほかの国にいる間は受けることができませんが、すでに経験された留学生による情報が多くあります。

また、TEST DaFも、日本ではテストダフと呼ばれて、ドイツ語の試験の中でも最もポピュラーな能力試験とされているようで、対策本も結構出ています。

よって、ここでは、あえてゲーテとDSDについて掘り下げていきたいと思います。

ドイツ語のディプロマDSD(Deutsches Sprachdiplom Stufe I and II)について

このドイツ語のディプロマDSDに関してはほぼネット上に情報がありません。

The Deutsches Sprachdiplom der Kultusministerkonferenz (engl.: German Language Certificate of the Education Ministers Conference) is an official German language certificate of the German education authorities and the Foreign Office (Germany) certifying levels of knowledge of the German language in schools worldwide.

出典:Wikipedia Deutsches Sprachdiplom Stufe I and II

DSDはドイツ語のディプロマのひとつです。

情報が少ないのは、在外ドイツ学校やDSD学校に通うドイツ語が母国語でない生徒のための試験だからかもしれません。

それでも70か国以上の国々で70000人以上の人が試験を受けているらしい。

つまり、ドイツの外務省に委託されている在外学校制度中央機関(ZfA)から支援を受けている在外ドイツ学校などでは、ドイツ語DSDのプログラムを設けており、希望する生徒はドイツ語を学び、後にDSDの試験を受けることができるという具合です。

14歳から19歳の間に各レベルで2回まで受験することが可能。

レベルはDSDⅠとDSDⅡの2つ
DSDⅠがA2/B1レベル
DSDⅡがB2/C1レベル

DSDⅡは
ドイツの大学入学資格

ドイツの大学で研究できるレベルのドイツ語能力があると判断され、TEST DaFやDSHなども免除されます。

ドイツ語のディプロマDSDの勉強と試験(体験談)

わが子は4年間在外ドイツ人学校に通い、ドイツ語を学びDSDの試験を受けました。

・1年目グレード9(中3)
ドイツ語ゼロから初級レベルA1
・2年目グレード10(高1)
A1からA2
・3年目グレード11(高2)
DSDⅠ A2合格
・4年目グレード12(高3)
DSDⅠ B1合格DSDⅠディプロマ取得

DSDⅠは取得しましたが、学校を卒業した後はDSDの受験はできない仕組みなので、DSDⅡの試験は受けていません。

わが子の場合は、中学3年生の時にドイツ語ゼロでスタートしたという学校でも最も遅くに始めたケースでした。

おそらく中学1年生ぐらいからドイツ語を履修していればDSDⅡディプロマ取得も可能かもしれません。

DSDⅡディプロマを取得し、ドイツの大学に入学を許可されましたお友達が結構います。

ゲーテインスティテュートのドイツ語検定試験について

最も世界的に認められているドイツ語の資格試験に、ゲーテインスティテュートのドイツ語検定試験があります。

ゲーテインスティテュート詳しくはコチラ

日本でもドイツ文化センターで初級A2からネイティブレベルと言われるC1までドイツ語コースや試験が可能のようです。

1回の試験が2万円ほどするので、比較的高い気がしますが、その価値は十分あるでしょう。

リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの試験のうちで一度でも合格した科目は、次回受験する必要はなく、再度必要な科目だけ試験を受けることが可能です。

どちらかというと難関な試験と言われています。

B2レベルで大学入学レベル
C1は
ドイツの大学入学資格

DSDⅡ同様ドイツの大学で研究できるレベルのドイツ語能力があると判断され、TEST DaFやDSHなども免除されます。

ゲーテインスティテュートでドイツ語の試験(体験談)

わが子の場合、B1のスピーキングは早いうちに合格しました。

いずれにしてもDSDⅠを取得しているので、ゲーテインスティテュートではB2もしくはC1を目指さなければいけません。

どの国でもゲーテインスティテュートがあり、メンバーになれば図書館を利用できたり、コース受講もあり、テストに備えることができます。

娘も良く本や教材を借りました。

どうやら、ゲーテの検定で難しいと言われている部分はリスニングかもしれません。

耳を鍛えなければいけません。

DWでリスニング!詳しくはコチラ

最近は、ドイツ語のドラマを見たり音楽を聴いたりも簡単にできる時代になりましたので、耳を鍛えることには恵まれている環境だと思います。

DAADドイツの大学の探し方

ドイツ留学に興味がある人はDAADを利用します。

DAADで大学を検索し、コース内容を確認したりできます。
DAAD大学情報!詳しくはコチラ

日本には、DAAD日本もあり、日本語で情報を集めることができるようです。

DAAD日本語!詳しくはコチラ
Study in Germany ドイツ大学に英語で留学する
ドイツで英語で学べる大学や大学院の探し方

DUOでドイツ語を勉強しながら大学準備をする(体験談)

DUO(Deutsch-Uni Online)の大学準備コースも受講しました。

DUOで大学準備!詳しくはコチラ

授業によってはECTS Creditsも取れたりします。

世界各国で受講している生徒さんたちとチャットするオンライン授業のようなものが週一であったようですが、ヨーロッパ時間で行われるので、娘は夜中の3時などに起きてチャット授業をしていましたね。

補足:オランダの大学への留学

オランダにも英語やドイツ語で勉強できる大学がたくさんあります。

オランダへの留学も興味があるかもしれませんので、おすすめのサイトを紹介しておきます。

ドイツの大学へ行くならDAADですが、
オランダの大学へ行くなら
Study In Holland

Study in Holland詳しくはコチラ
Study in Holland オランダ大学に英語で留学する
オランダで英語で学べる大学や大学院の探し方

まとめ:ドイツ留学のために必要なドイツ語能力と検定:DSDとゲーテ

ドイツ語の検定試験

日本でもドイツへの留学希望者がたくさんいると聞きます。

英語で授業を受けれる大学もたくさんありますし、ドイツ語で大学に通いたい人も多いと思います。

いろいろな資格試験がありますが、DSDという極めて稀なドイツ語のディプロマの資格や、世界的に認められているゲーテのドイツ語検定試験、またDSHTEST DaFどれでも頑張ってみてください。

そしてぜひとも、ドイツの大学への入学資格であるドイツ語能力を高めて、皆様の夢をかなえてほしいと思います。

Copyright© キコジョ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.